住宅ローンを組む時に必要となる担保について

住宅ローンは、一生に一度の買い物にもなる家を買うために、資金を確保する手段として多くの人が利用しています。

家を買って、家族と住むことを、自分の夢にしている人はたくさんいます。

多くの人が、これまで買ったことがないほどの大きな買い物を経験するのが、家を買う時だったと言うようです。

まとまった資金を得るために、住宅ローンを組んで、何十年にもわたって返済をするという人は大勢います。

金融機関から住宅ローンを借り入れる場合は、大口の融資にならざるをえないので、担保が必須です。

担保と言われて連想するものは、土地や建造物などの不動産ではないでしょうか。

担保には物的担保と人的担保とがあり、土地や建物は物的担保ですが、人的担保という考え方も存在します。

万が一の事態が生じて返済か行き詰まった時に、連帯保証人の役割を果たしてくれる人です。

一旦組んだ住宅ローンの返済が行き詰まってしまった場合に、連帯保証人に返済の責任が生じることがあります。

人的担保として認められる人にも条件がありますので、どんな人でも頼めるということはありません。

人的担保になれる人は、もしもの時に責任をもって返済をすることになりますので、年収や勤続年数なども重視されます。

もし保証人になってもらう人がいるなら、何かあった時には頼らなければなりませんので、誰に頼むのか十分に検討しましょう。