乾燥肌を改善するスキンケアのポイントについて

乾燥肌にならないようにすることが、スキンケアを行う主な目的です。

乾燥肌に悩む人がスキンケアをする上で大切なことは、これ以上乾燥を進行させるようなケアをすることです。

肌が乾燥する要因は人によってさまざまですが、顔の洗い方が実は間違えていたり、肌に合わない洗顔料を使っていた人もいます。

ポイントは保湿ケアをすることで、いま一度スキンケアの方法を見直してみましょう。

肌に残った皮脂やメイク汚れは、毛穴をつまらせたり、酸化をして肌にダメージを与えるので、肌を清潔に保つことは大切です。

ただし、洗顔のし過ぎは肌をより乾燥させてしまうことがあります。

肌には一定の油分が必要だからです。

顔を洗う時はゴシゴシこすらず、泡で包むようにして汚れを浮かせましょう。

ゴシゴシ洗うと肌の水分蒸発を防いでいるバリア機能が低下をするので、肌をこすらないように洗いましょう。

肌本来の油分を残しておけるように、顔を洗う時は1分以上かけないようにするといいでしょう。

すすぎに使用するお湯の温度が高いと、肌に存在する潤い保持成分が洗い流されてしまうので、すすぎには35℃程度のぬるま湯を使用します。

洗顔後には化粧水やクリームなどでスキンケアをしますが、乾燥肌がひどいなら、より油分が多いクリームを使用するとよいでしょう。

水分不足の肌は刺激に敏感になっていますので、化粧を施す時も肌に負担をかけすぎないようにしてください。