クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについて

クレジットカードのキャッシング機能と、カードローンでの借り入れは、何が違っているのでしょう。

キャッシング枠のついたクレジットカードで、急な物入りの時はお金を借りているという方は少なくありません。

現金融資を受けたい人には、カードローンのほうが利便性が高く、借りやすいと宣伝してくる業者もあるようです。

キャッシング機能を利用するのと、カードローンを利用するのとでは、どういった点に違いがあるのでしょうか。

もともとクレジットカードは決済に用いるカードであり、現金の融資を受けたい時に使うものではありません。

クレジットカードの中には、キャッシングの利用限度額があまり高くないものもあります。

カードローンはクレジットカードとしての能力はなく、決済に使うものではありません。

その反面、クレジットカードのキャッシング機能よりも、カードローンの融資可能金額のほうが、高くなっています。

返済時に上乗せしなければいけない利息は、カードローンで借りたほうが少額で済みます。

カードローンでお金を借りたほうが、クレジットカードを利用してお金を借りるよりも、貸付条件がいい傾向にあります。

新しくカードローン用のカードをつくる時には、改めて金融会社の審査が必要になりますので、中には審査で断られてしまったという人もいます。

クレジットカードやカードローンは審査が必ずありますので、人によっては新規発行を断られることがあります。